So-net無料ブログ作成

真夏の雪まつり [旅]

グタグタもしてますが、暑くても色々やってます。

三日三晩の土用干しの梅干し完成した日、プイと出た切りではありませんが、プイと思い付きで出かけてきました。

カーナビで目的地を設定して出かけましたが、ナビのボンクラにはほとほと呆れました。

誰も走らない山道、車のすれ違い不可能な細い道、限界集落、廃村になった狭い谷道、ヘアーピン坂道が延々と続く、どこまで走っても携帯圏外、そんなところを走らせた。

どっちに向かって走っているのか分からない!

こんなところで事故が有ったら連絡のしようもない!

何キロ歩いたら連絡が取れるか分からないほど山深いところ。

誰も来ない山道をハラハラドキドキしながら走った、カーナビは、そんなところを2時間以上もよくも走らせたものです。

腹が立って仕方が無かった。

民家が見えてきたときはホッとしました。

下へ下りたら繋ぐ良い道がいくらでもあるのに、危険な山道を設定したナビはもう使わないことに決めました。


「安ければ良い」

と中国に下請けで作らせるから こんなナビを作るのです。

日本人に作らせたら絶対こんなナビは作りません。

下道でもバイパスや最新の道でつなぎ作ります。

懲り懲りして、出かける時はマップを見て確認してからにします。



そんな思いをして出かけた途中にこんなところがありました。
屏風岩です。
tabi5.jpg




石と水がとても綺麗です。
tabi4.jpg



遊歩道もあって散策できます。
tabi3.jpg




素敵な場所です。
tabi1.jpg




散策して観賞です。
tabi2.jpg




マイナスイオンを感じました。
tabi6.jpg




目的地に着きました。
tabi7.jpg




人口 五百数十人の村のイベントです。
この村は若者が多く、子供の数も多く、素晴らしい村です。
tabi9.jpg



若者が中心になって頑張っている村です。
行ったこの日は「真夏の雪まつり」でした。
tabi8.jpg



観光客も大勢来てました。
休むところも一面雪です。
tabi10.jpg



雪の上では、そりに乗ったり楽しんでます。
tabi11.jpg



気温は25℃ 日本中暑いのに、ここだけは避暑地です。
tabi12.jpg



楽しそうに遊んでいる子供たち、限界集落や廃村の多い今、この村だけは活気がありました。
tabi13.jpg



折角来たので記念撮影ですが、いつも良く撮れていない相棒のシャッター写真です。
tabi14.jpg


ここで焼き立ての大きいソーセージを買って、ケチャップと辛子を付けてもらって雪の上で食べました。

その時、「夜は花火も上げるから見て行って……でも夜は半袖は寒いよ」

と、スタッフが言ってました。



ご訪問頂きありがとうございました。


またお越しください。
nice!(24)  コメント(21)